第16回 参加企業詳細

  • 行政機関
  • 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構

高崎量子応用研究所は、前身の原研(昭和38年設置)から50有余年にわたり遂行してきた放射線/量子ビーム利用の研究開発基盤を継承し、量研の主要な業務である量子ビーム応用研究を推進する中核拠点として新たなスタートを切りました。

業務内容
量子科学技術に関する研究開発
所在地
〒370-1292 群馬県高崎市綿貫町1233
連絡先代表者
研究企画室 室長代理 佐藤 隆博
電話
027-346-9659
FAX
027-346-9443
ウェブサイト
http://www.taka.qst.go.jp/

商品・製品のPR

高崎量子応用研究所は、世界最先端のイオン照射研究施設、電子線照射施設、ガンマ線照射施設等を有し、荷電粒子線、ガンマ線、電子線等の量子ビームの発生・制御及びこれらを用いた高精度な加工や観察等に係る最先端技術開発に取り組むとともに、量子ビームの優れた機能を総合的に活用して、医・理・農・工の幅広い分野において世界を先導する研究を推進しています。

  • QSTサイエンスフェスタの講演の模様。
  • 多くの高校生にも研究を紹介しました。
一覧へ戻る